弁護士に依頼すべき理由

「保険会社の提示額は訴訟基準の賠償額より遥かに少ない。」

これは厳然たる事実です。

shingou01.jpg

任意保険提示の示談金は,その保険会社内部の支払基準による金額にすぎず,訴訟(裁判)をして得られる賠償額より遥かに低額です。
営利企業である保険会社の態度とは,独自基準の低額な示談金を提示して被害者が納得すれば儲けもの,納得するようあの手この手で説得する,というものに過ぎません。

一方,訴訟では,保険会社の支払基準に拘束されずこれまでに積み重ねられた裁判実務・判例による基準額が参考とされ,最も適正な(高額な)賠償金を獲得することができます

訴訟をしない場合でも,訴訟基準を前提とするプロの弁護士が交渉相手となれば保険会社の提示額も変わり得ますので,まずは交通事故専門弁護士にご相談下さい。

交通事故の解決方法 弁護士・専門家の選び方

▲このページのトップに戻る