交通事故での弁護士の選び方

【交通事故弁護士の3つのポイント】

bengoshikai.jpg

交通事故の民事損害賠償請求事件は多くの一般の法律事務所が取り扱っていますが,実は非常に専門性が高い分野です。極めて多数の論点が立ち並び,裁判例も多数蓄積されています。 

具体的には,後遺障害の有無・程度の立証には医学的な知識が不可欠で,事故態様や過失が争点となった場合は自動車工学的知識を踏まえた詳細な立証が求められます。逸失利益・将来介護費などの各種の損害の主張・立証についても独特のノウハウがあります。

また,自動車保険(任意保険・自賠責保険),労災保険,健保その他の公的保険・年金制度等に関する深い理解が必要で,各保険金の受領のタイミングや賠償請求との先後によって被害者が得る総獲得額が大きく異なってしまう場合さえあるほどです。

交通事故事件の経験の少ない弁護士に依頼すると,請求できるはずの損害を請求しなかったり,保険知識の不足から本来獲得できたはずの賠償金や保険金の大幅な減少が発生することがありますが,このような場合でも大抵はその複雑さゆえに弁護士も依頼者も気づくことがないまま終結しがちなのです。 

東京,横浜,名古屋,大阪の各地方裁判所には,交通事故事件を審理する交通専門部又は交通集中部があり,これも交通事故事件の専門性の現れと言えます。
これら交通専門部等のある裁判所で訴訟が審理される場合,裁判官も交通事故事件に精通していますので,弁護士も交通事故に精通していなければ話にならず,それ以外の地域の裁判所では裁判官ではなくむしろ交通事故に精通した弁護士が訴訟を主導することすら求められるのです。

交通事故事件を任すに足りる弁護士を選ぶには,丁寧な説明をしてくれる・弁護士費用が明確であるなどの一般的な条件を満たすことは言うまでもありませんが,次の3つのポイントに着目されることをお勧めします。

   

交通事故事件に集中的に取り組んでいるか

各法律事務所のWebサイト(ホームページ)を見ればお分かりのとおり,交通事故は一般の法律事務所で取扱案件として挙げられていますが,交通事故が「得意分野」や「重点取扱分野」として表示され,かつ交通事故に関する説明がホームページの大部分を占めていれば,交通事故に集中的に取り組んでいることの一応の目安になります。

相談の際にも,これまでの交通事故訴訟の経験数などを聞いてみると良いでしょう。弁護士業務は多分野に渡るため,弁護士経験数十年のベテランでも交通事故訴訟に限れば数件しか経験したことがない,という弁護士は山のようにいるのです。  

 

専門サイト・特設サイトに注意!

交通事故に限らず,最近は法律事務所の集客手段として「専門サイト」・「特設サイト」の設置が流行しています。これは,法律事務所自体のWebサイト(ホームページ)とは別に各分野別の特集をした別個の複数のWebサイトを設置するものです。

皆さんも,「〇〇相談所」・「◯◯相談センター」・「◯◯サポートセンター」(◯◯は債務整理,離婚,交通事故などの分野名)といった名前のサイトをご覧になったことがあるのではないでしょうか。

このように法律事務所自体のサイトとは別の特設サイトを多数設置する法律事務所がある理由は,一つの分野だけを詳しく書いたサイトのほうが検索サイトで特定の分野のキーワードで検索された場合に上位表示されやすいことと,特設サイトを見た方に「この分野に集中的に取り組む専門事務所である」という印象を与えられるメリットが事務所側にあるからです。

このような「特設サイト」には運営する法律事務所の名前が記載されていますので,その法律事務所名で検索してその法律事務所自体のサイト(ホームページ)に辿り着けば,実際は多数の分野を取り扱っており,特定の分野に専門特化しているわけではない従来型の法律事務所であることが判明する場合があります。

交通事故でもこのような特設サイトは乱立していますので,運営する法律事務所自体のサイト(ホームページ)も確かめて,本当に交通事故に注力しているかどうか,それとも宣伝のために交通事故特設サイトを作っているに過ぎないのか,確認するのが良いでしょう。

当事務所では,事務所全体の取扱案件を交通事故に完全に専門特化し,他の分野の案件は一切受任していませんので,当然ながら事務所自体のホームページ(今ご覧頂いているこのサイト)以外の分野別の「特設サイト」の類はありません。

 

損保側(保険会社側)でも多数の経験があるか

road6.jpg

交通事故事件を多数経験していても,被害者側しか経験していない弁護士と,損害保険会社側(任意保険会社側)も多数経験している弁護士とでは,その実質は大きく異なります。

なぜなら,損保側の代理人になることで,損保の考え方や弱みを知ることができます。また,相手方となった被害者側の代理人が,交通事故事件の経験の浅さから稚拙な主張・立証やミスを犯す場面を多数経験します。

こうした経験が,被害者側の代理人となったときに大きく生きるのです。 

被害者側と損保側では基本的に利益が相反するため,当事務所では被害者側のみのご依頼を受け損保側の代理はしておりませんが,当事務所の弁護士は当事務所の開設前だけでも150件以上の交通事故訴訟を経験し,そのおよそ半数は損保側の事件が占めております。

 

訴訟を多数経験し,また重視しているか

saibansyo02_2.jpg

当事務所の考え方でもご説明しておりますとおり,  実は弁護士にとって,交通事故の民事損害賠償請求事件は,示談交渉で解決したほうが訴訟(裁判)で解決するより遥かに労力がかからず,実入りが良いのです。
そのため,示談解決を積極的に勧める弁護士は少なくありません。示談解決数の多さを誇ることで,自らの「交渉力」をアピールできると考える弁護士もいるでしょう。  

しかし,交通事故事件に関しては,訴訟は決して示談解決できない場合の例外的手段ではありません。最も賠償金が高額となる訴訟基準が用いられ,弁護士費用や遅延損害金(年5%の金利)も賠償金に付加されるなど,示談解決に比べて被害者の方に経済面に大きなメリットがあります。交通事故に精通した弁護士が取り組む限り,解決までの時間も一般の方が思われるほど長くはかかりません。

訴訟こそが本番であり法廷での精密な主張・立証に自信がある弁護士と,効率重視でなるべく示談解決することを優先している弁護士とでは,訴訟をした場合の結果はもちろん,訴訟前の示談交渉でも自ずと差が生じます。
交通事故事件において,100件を示談解決した弁護士の力量は,10件を訴訟解決した弁護士の力量にすら絶対に及びません。 相談する弁護士には,「交通事故事件の経験数」ではなく,「交通事故訴訟の経験数」を聞くことをお勧めします。 

当事務所の弁護士関原誉士は,弁護士登録と同時に多数の高額判例を獲得している東京の交通事故専門の法律事務所に入所し,そこでの在籍中だけで150件以上の交通事故事件を担当しましたが,その95%以上は示談でなく訴訟解決とした事件です。
その中で,高次脳機能障害その他の難易度の高い医療分野や精密な主張・立証が必要な過失割合が争点となった事件を多数経験し,訴訟での実績を積み重ねております。

▲このページのトップに戻る